「 i-honex 」に対応しました。

2017/11/27
かんざしクラウドEA クラウド転送シャシーン プレスリリース

「 i-honex 」に対応しました。

株式会社かんざし(本社:東京都渋谷区、代表取締役:林垣恵太、http://www.kanxashi.co.jp/)が提供する、 旅館・ホテル向けプラン一括管理ツールサービス「かんざしクラウドEA http://www.kanxashi.com/」および「クラウド転送シャシーン http://www.shaseen.com/」が 2017年11月27日よりNCS&A株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松木謙吾、https://ncsa.jp/index.html)が開発・提供する宿泊予約システム「i-honex」に正式に対応しました。

【サービス】
かんざしクラウドEA: http://www.kanxashi.com/
クラウド転送シャシーン: http://www.shaseen.com/

【かんざしクラウドEAについて】
2014年8月にサービス提供を開始した「かんざしクラウドEA」は業界初となる「複数OTAに対して、プランをまとめて作成したり、編集したり、期間延長したり」をクラウド上にて実現させたサービスです。かんざしクラウドEAは宿泊施設様の作業負担軽減とOTAの活性化促進という双方のメリットを実現する役割を担っています。

【クラウド転送シャシーンについて】
2016年10月にサービス提供を開始した「クラウド転送シャシーン」は複数OTAのフォトギャラリーへ写真を一括転送、一括リサイズ、加工編集などが行なえます。備え付けのオンラインストレージ機能により写真を保管することも可能です。写真管理の作業効率化ならびに戦略的に活用することで、売上促進を図ることができるサービスです。

【対応サイト】
i-honex、じゃらん.net、楽天トラベル、らくだ倶楽部、るるぶトラベル、一休.com、ベネフィット・ステーション、yoyaQ.com、MAPPLEトラベル、e宿、ベストリザーブ、マイナビトラベル、Relux、ダイレクトイン、予約プロ、予約番、じゃらんホームページダイレクト、楽天R-with、らくしす、リザーブゲート、RJ-WIN、てなわん、OPTIMA(非カスタマイズ製品)、OPTIMA S、Aカード予約システム

※一部サイトはかんざしクラウドEAのみ対応